PSPの改造、修理、などを中心に更新していきます.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PSPの液晶・基盤・十字キー「フレキシブルプリント基板」等の部品交換

今回は初の修理に関しての記事(部品の交換の仕方)を書きたいと思います。

続きをよむ をどうぞ


今回は、PSPの修理と、書いてありますが、どこを修理(部品交換)するのかというと、

液晶・基盤・十字キー「フレキシブルプリント基板」・アナログスティック等です。

準備物

・精密ドライバー「百円均一などでも売っていますが千円ぐらいのものがベストです」
・交換する部品「yahooオークション等で用意してください」
・めげない心

まず注意しなければいけないことは、自分で修理するとSONYからの保障を受けられなくなることです。

①↑の文を理解出来たら メモリースティックとバッテリーとカセット「UMD」 をとります。

② ネジをはずす作業

DSC_5109.jpg

まず↑の写真の紫枠の所に はがしたらだめですよ シールを取ります。
次に赤枠の所にあるネジをとってください。

あと裏側のLボタンの近くにあるネジ(2個)もとっといてください。

ちなみに 回す力2:押す力1 くらいでやってください。
そうしないとネジ山が潰れてしまいます。

DSC_5139.jpg
↓のネジもとります。
DSC_5132.jpg
↓のネジはトルクスドライバー(T2)がある方は、トルクスドライバー(T2)でとってもかまいませんが
管理者「私」は折ってとりました。
DSC_5139.jpg

これですべてのネジがとり終わりました。

③  フェイスプレートと液晶をとる 


フェイスプレートをあけると、↓のようになってると思います。

無題


オレンジ枠のところのひっかけを最初に マイナスドライバーなどでとってください。

次は、緑色枠、その次は、赤色枠と、とってください。

④↑をやって液晶を外す(液晶を手前に持ってくると)↓のようになりますので、
DSC_5175.jpg

赤枠ろ所はプラグを起こすようにしてください。
ピンクで矢印が書いてあるやつは以下(↓)のようになってください。

右上は①を参照 真中は②を参照

①矢印の方からマイナスドライバーをアンテナの下からさし手前に引いて取ります。

②プラグをマイナスドライバーで横(→)に押します。

注意 ↑の作業をやる時プラグを壊さないようにしてください。

これで液晶の交換は終わりです交換が終わったら上に戻っていってください。

分かりにくいですが時間があったら加筆、修正していきたいと思います。


なお、ご質問や分かりにくい所がある際には、記事の題名をクリックしていただくと、
一番下に質問「コメント」のスペースが出てきますので、
そちらにお問い合わせください。
又は、下記のアドレスにメールしてください。

メールアドレス

raiden_fox_mikan@yahoo.co.jp

待っています。

最後に、一番下の拍手ボタンを是非押して行ってください。
この拍手数が増えるたび 管理人のやる気とこのサイトの更新スピードが(たぶん)上がると思います。

⑤十字キーを基盤から離す

DSC_5194.jpg

液晶を外すしてLボタンのネジを外しLボタン(本体)を取ってください。
Lボタンのシールは外さないでください。
メモリーのカバーは外しといてください。
(十字キーの一式を上に倒すように)

Lボタンのシールが外れないように黒色の十字キーの一式を基盤から離してください。

⑥基盤を交換する

下の方から上の方に押すようにしながら手前に引っぱて下さい

これで基盤の交換は終わりです交換が終わったら上に戻っていってください。

以上で一切を終了します。

分かりにくいですが時間があったら加筆、修正していきたいと思います。


なお、ご質問や分かりにくい所がある際には、記事の題名をクリックしていただくと、
一番下に質問「コメント」のスペースが出てきますので、
そちらにお問い合わせください。
又は、下記のアドレスにメールしてください。

メールアドレス

raiden_fox_mikan@yahoo.co.jp

待っています。

最後に、拍手ボタンを是非押して行ってください。
この拍手数が増えるたび 管理人のやる気とこのサイトの更新スピードが(たぶん)上がると思います。
スポンサーサイト
[ 2011/02/02 18:00 ] PSP修理 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。